自転車の交通ルール

自転車は、近場への移動には便利な乗り物ですが、歩行者と接触すると大きな事故になることもある危険な乗り物でもあります。
日本の交通ルールを守って安全な自転車の利用を心がけましょう。自転車は、近場への移動には便利な乗り物ですが、歩行者と接触すると大きな事故になることもある危険な乗り物でもあります。

自転車交通安全のルール

自転車は、近場への移動には便利な乗り物ですが、歩行者と接触すると大きな事故になることもある危険な乗り物でもあります。
日本の交通ルールを守って安全な自転車の利用を心がけましょう。自転車は、近場への移動には便利な乗り物ですが、歩行者と接触すると大きな事故になることもある危険な乗り物でもあります。

罰則
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

車道は左側を通行
罰則
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

歩道は歩行者優先で車道よりを徐行
罰則
2万円以下の罰金又は科料

飲酒運転の禁止
罰則
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

二人乗りの禁止
罰則
2万円以下の罰金又は科料

並進禁止
罰則
2万円以下の罰金又は科料

夜間はライトを点灯
罰則
5万円以下の罰金過失同じ
※前方50メートルまで明瞭に見える程度に照明が行われているトンネルを通行する場合を除く。

信号を守る
罰則
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
過失10万円以下の罰金

交差点での一時停止と安全の確認
罰則
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
過失10万円以下の罰金

携帯電話やヘッドホンを使用しての運天、傘差し運天等も禁止されています。
※ブレーキの不良自転車の運転禁止
(5万円以下の罰金・過失同じ)
自転車の悪質な交通違反は検挙され罰金を支払うこともあります。

危険!ながらスマホ

スマートフォンを操作しながら歩いたり、自転車を運転すると危険です。
事故につながるとても危険な行為です。

視野が狭くなる
スマートフォンを操作している時は画面に集中するため、視野が極端に狭くなり、周囲の危険を発見できず思わぬ事故にあうおそれがあります。

無防備になる
視野が狭くなり、無防備になります。
人や物にぶつかった際にも反応が遅れ、予想外のケガにつながるおそれがあります。

交通事故に直結
自転車・自動車
・前を走行していた車両に追突
・縁石や道路樹に接触
といった事故に合う可能性が高くなります。

歩行者
・歩行者や自転車と接触
・自分自身が転倒
・崖や池に転落
といった事故に合う可能性が高くなります。
「ながらスマホは」は絶対にやめましょう!