緊急時の避難について

災害が起きた時や置きそうなときなど、家にいると危険と感じた際に避難する建物です。
住んでいる家が壊れたり、危ない時に、避難する場所で、無料で利用でき、食べ物や毛布がもらえたり、トイレが使えます。
「避難所」や「避難場所」になる所には、図のような表示が有ります。場所を事前に確認しておきましょう。
外国人も国籍や在留資格に関係なく、「避難所」や「避難場所」を利用する事ができます。

津波避難ビル

津波が押し寄せた時に一時的に避難するビルで、避難場所のひとつです。高台が少ない地域に多く存在し、海沿いの公共施設や、マンションが津波避難ビルとして指定されています。津波警報が発表されたらすぐに津波避難ビルの屋上に逃げてください。
津波避難ビルには図の様な表示があります。

出典:公益財団法人沖縄国際交流・人材育成財団 防災ハンドブック